身のまわりのお金のトラブルを解決したい

「少し生活費が足りなくて・・・」

「引っ越ししないといけなかったときに費用がなくて・・・」

「クレジットカードのリボ払いで買い物をしていたらいつの間にかかなりの額に・・・」

などなど、借金問題のきっかけは人それぞれ。ちょっとしたことから始まった借金が、その後の生活状況や環境の変化、仕事やプライベートのこと、健康状態などいくつかの理由が重なったことで大きく膨らんでいき、利息がつくため返しても返しても借金が減らず、毎月返済していくことで精いっぱいになってしまうことも。なかには返済のプレッシャーからくるストレスで体調を崩してしまう方もいらっしゃいます。

  • 債務整理ってどういうことをするの?
  • 任意整理のやり方は?
  • 自己破産とは?
  • 債務整理するとどうなるの?
  • お金に困ってるのに司法書士に依頼できるの?
テレビやラジオ、インターネットや街中には様々なキャッシングやローンの広告が溢れています。そういったサービスを利用すれば手軽にお金を借りることができたり、分割払いで商品を買ったりすることができてとても便利ですが、使い方を誤ると返済額がどんどん膨らんでいってしまい生活を大きく圧迫するようになってしまいます。

借金の理由は人それぞれ。ちょっとした生活の変化がきっかけではじまった借金がいろいろな理由で大きく膨らんでいってしまっていることは少なくありません。また、返済し始めてみると毎月の返済額には契約時に確認したイメージに比べると意外なくらい大きな金額の利息分が含まれるため元金の額はなかなか思うように減っていきません・・・。借金で悩んでいる方には真面目に返済を続けていらっしゃる方も多いです。一人で悩まず、ぜひ専門家にご相談ください。

債務整理とは?

債務整理とは収入に対して毎月の借金の返済額がとても大きくなってしまい、その返済によって生活が強く圧迫されている状態になっている場合に取ることのできる法的な手続きのことです。大きくわけて「任意整理」、「個人再生」、「自己破産」という3種類の手続きに分かれます。以下、それぞれの手続きの特徴について簡単にご説明いたします。

任意整理について

任意整理とは、借り入れやローンで毎月多額の返済をしている債務者から委任を受けた司法書士が、債権者(消費者金融やクレジットカード会社など)と交渉し、将来利息のカットや長期での分割払いなど交渉前の返済の条件に比べると毎月の返済額が減って返済しやすくなるような条件で和解を成立させる手続きです。当事務所では相談者の方の借入額はもちろん、毎月の収入や支出などの家計の状況や現在の仕事の状況、健康状態や生活環境など暮らし全般に関することを詳しくお聞きした上で、無理のない範囲で返済していくことができるよう債権者と交渉するとともに、今後の家計や暮らしに関するアドバイスなども行っています。

個人再生について

個人再生手続とは、借金の返済が厳しくなった場合に、裁判所を通して債権者に返済額を減額してもらった上で原則3年間での返済計画を立てて返済していく手続きです。

利用するためには条件があり、手続きが煩雑で費用もかかりますが、自己破産のような資格や職業に関する制限がなく、借金の中に住宅ローンがある場合には自宅を手放さなくて済むなどのメリットがあります。

自己破産について

自己破産とは収入に対して借金の額が非常に大きく、返済することができない状態(支払不能)になった場合に裁判所に申立て、裁判所による手続きを経て債権者にすべての借金を免除してもらう制度です。手続きが煩雑で時間がかかり、生活に最低限度の財産しか手元に残すことができず、警備員や保険外交員等の職業制限にかかる職種があるなど簡単な手続きではありませんが、自己破産をして裁判所から免責が認められることによってすべての借金が免除されるため、健康状態や生活の状況が不安定などの理由で今後の収入の見込みが立たず、借金の返済もできなくて行き詰まっている、という状況から脱することができます。

債務整理をするとどうなる?

債務整理をすると、任意整理、個人再生、自己破産のどの手続きを行ったとしてもその情報が信用情報機関に記録され、5~10年は新たな借り入れやクレジットカードを作ることなどができなくなります。また、自己破産の場合は、官報に名前が載る、保証人がついている借金だと保証人に対して返済が求められてしまうといったようなことなどはありますが、世の中で漠然とイメージされているような社会生活全般に支障をきたすような影響はありません。ご自身にとってどういった点がどのように自分の生活に影響するのかを専門家に相談しアドバイスを求めるなどしながら考え、どの制度を利用するのか検討されてください。

法テラスについて

借金で困っているけれど、そもそもお金のことで困っているのだから司法書士に相談するためのお金なんてない!と思われるかもしれません。そういった場合は日本司法支援センター「法テラス」の民事法律扶助制度をご利用ください。「法テラス」は経済的な理由で弁護士・司法書士に相談ができない、近くに専門家がいない、といったいろいろな問題を解消するために国が設立した公的な機関で、無料での法律相談や実際に手続きを依頼した場合の弁護士・司法書士費用の立て替えといった民事法律扶助という制度を提供しています。当事務所の司法書士は法テラス契約司法書士で、当事務所での手続きには民事法律扶助をご利用いただくことができますので、お気軽にご相談ください。

借金や身のまわりのお金のトラブルは司法書士にご相談を

借金問題というとギャンブルやアルコール、買物などの依存症だったり、お金にだらしない、いい加減、などといった本人に大きな問題があるようなイメージがつきまといます。しかし、それまで普通に暮らしていた方がちょっとしたきっかけから借金をしてしまい、それがだんだん大きくなって生活を大きく圧迫し、健康を損なってしまうような額にまでなってしまった、というケースも少なくありません。借金の問題は人それぞれ抱えていることや状況が違って複雑なことが大半で、簡単に解決することができるようなものではありませんが、専門家に相談し適切な手続きを取ることによって法的に解決することは可能です。また、債務整理は返済に窮してしまった生活を立て直すための制度で手続きが終わればそれで問題解決!というようなものではないと当事務所は考えており、手続き後の生活も見据えた上でアドバイスしたり相談に乗ったりしながらお話を進めていくよう心がけています。

また、お金の問題は借金だけではありません。敷金に関するトラブルや悪質な訪問販売など身のまわりで起こった金銭トラブルにも司法書士は対応いたしますのでお気軽にご相談ください。(※紛争の価額が140万円以下のものに限ります。)

料金

任意整理 着手金5,500円+債権者1社2万2,000円(税込)~
※債権者の数によって増減いたします。
個人再生 27万5,000円(税込)~
自己破産 22万円(税込)~
相談のみ、または継続相談 5,500円/30分

※別途、実費がかかります。
※法テラスご利用の場合はご予約時にお知らせ願います。

ご相談の流れ

1. ご予約 ご予約フォームまたはお電話にてご予約ください。
2. ご相談 当事務所にてお話をおうかがいいたします。
※ 原則、事務所でのご相談になります。
ご事情により事務所以外でのご相談をご希望の場合はお知らせください。
3. 手続き

その後は面談、電話、メール等で連絡を重ねながら手続きを進めて参ります。

ご相談の際にご用意いただくもの

ご相談の内容によってご用意いただく書類等が変わりますので、ご予約のご連絡をいただいた際にお知らせいたします。事情があって借り入れなどに関する書類があまり手元にない場合はご遠慮なくその旨お知らせください。

まずはご相談ください

お金のトラブルはあまり周りの人には相談したくないものですし、人によって事情は様々。手続きも複雑で、インターネットなどで調べてもよくわからないことが多いかと思います。

困っていてどうしたらいいのかわからないけれど、まずは相談、といった感じでも構いませんので、ご遠慮なく当事務所にご連絡ください。

初回相談は無料です。事前にご予約いただけましたら、土日祝日や平日の遅い時間でもご対応いたしますのでお気軽にお申し付けください。

ご相談の予約やお問い合わせ
  • 初回相談は無料です、お気軽にお問い合わせください。
  • ご相談はご来所のほか、Zoom等のオンラインでのご相談も承っております。
お電話でのお問い合わせ

「ホームページを見た」とお伝えください。

受付時間:平日9:00-17:00(土日祝対応可)
メールでのお問い合わせ

    ご希望の連絡先必須
    メールに返信電話に連絡どちらでも可

    ページトップへ戻る